アラ商事

新規会員登録

0 ¥0

Ducato Muji "Seed"

  • 000_05305_0002-01
  • Twitter
  • Google+
  • Google+
  • Pinterest
  • 価格¥10,000(税別)

Ducato Muji "Seed"

商品番号 : 053050000002

デザイナー プロフィール

coko

武蔵美を卒業後、日本でネックウエアのデザイナーになり10年後渡米。F.I.T(ニューヨークファッション工科大学)ファッションデザイン学科を卒業し、ニューヨークで著名なコンテンポラリー婦人服のデザイナーとして7年間在籍。帰国後ネックウエアのチーフデザイナーとしてアラ商事に在籍中。得意の歌は渡米前も渡米後もキューティーハニー!(ぶれてない)

デザイナー インタビュー

ダメージすら美しい味となる自分で育てるモダンヴィンテージ。

今回のタイのコンセプトは?

時間の経過とともに変化するというアイデアを思いついたのが、このタイの出発点です。もちろん最初からスタイリッシュだけれど、使うことでデニムのように味わい深く育ち、馴染みもどんどん増していくタイ。さらに、ダメージを積極的に楽しむようなギミックがあっても面白いんじゃないか……と。経年変化を見据えてのモノ作りは私自身初の試みで、とてもエキサイティングな制作過程でした。

素材や生地、仕立ての特徴は?

使っていくと生地表面が削れ、それによりヴィンテージな味わいを生む……そんな今までになかった画期的なタイ生地を使用しています。具体的には、経糸には柔らかなシルク、緯糸に磨耗に対して強度のあるナイロン糸(ミリタリージャケットに使用する糸)を用いた二重構造の織り生地。最初のうち緯糸は表面からは見えませんが、シルクの経糸が削れてくると現れます。経年変化で削れていくことを想定していますが、もっと急ぎたいのであれば爪ヤスリのようなものを使って自分自身で表面を削るのもアリ。そのようにして何らかの柄を作っても面白いでしょうね。なお、その場合はあくまでも自己責任でお願いします(笑)。

製作過程で苦労したことは?

構造そのものと糸の選定が決定するまで、いろいろと実験しました。裏と表の組織のバランスをとりながら、かつ削れたところがきれいに見える生地というのはなかなか意匠設計が難しく、意匠設計が決まっても、満足のいく完成度となるまでさらに時間をかける必要がありました。

出来映えについての感想は?

経年変化が楽しめるという漠然としたアイデアから始まったこの企画でしたが、紆余曲折して最終的にネクタイの形になったときは本当にうれしかったです。是非長くご使用いただき、千差万別のすりきれ具合を楽しんでいただきたいですね。また今回制作した生地は、タイ生地として開発しましたが、生地厚や素材を少し変え、バッグやコートの生地として使ってみても面白いかもしれません。とくに旅行用バッグなどヘビーデューティなアイテムには相応しいように感じています。

どんなスタイルに合わせてもらいたいですか?

ジャケパンなどちょっとリラックス感あるビジネスタイルに。あるいは休日のカジュアルな装いをちょっとお洒落に仕上げたいときにも重宝すると思います。 そしてダメ―ジが多く出てきたらダンガリーやデニム素材のシャツなどと合わせてもいいかも。いずれにしろスタイルに遊びやヒネリを加えたいときに活用していただきたいですね。ピンバッジやタイバーなど小粋なアクセサリーをプラスしても面白いと思いますよ。

関連商品