アラ商事

Sign up

0 ¥0

Ducato Muji "Grid Tie"

  • 000_05305_0003-01
  • Twitter
  • Google+
  • Google+
  • Pinterest
  • Price¥10,000(without tax)

商品番号 : 053050000003

商品番号 : 053050000003

デザイナー プロフィール

M.O

多摩美の染織デザインで染めを専攻。卒業後は、ネックウエアのチーフデザイナーとしてアラ商事に在籍。年に数回のニューヨーク出張で刺激を得ています。映画と音楽(JAZZとUKロック)が好きで、今まで観た映画は数え切れないそうです。特にフランス系の映画がお気に入りだとか…。自らギターを弾いてライブにも参加しているそうです。

デザイナー インタビュー

ニットのニュアンスを織り地で!最強のオンオフ兼用タイです。

今回のタイのコンセプトは?

日常のビジネスはもちろん、出張にもこの1本さえあれば大丈夫とおすすめできる、スタイルを問わないオンオフ兼用のソリッドタイを目指しました。そのような用途のタイとしてはニットタイが人気ですが、私個人の感想として編み地のタイはどうしてもスタイリッシュに思えない。そこでニットのようなざっくりした表面感を普通の織り地で実現する手法としてバスケット組織に着目。一見ニットのようでいて、その実しっかりした風合いで締め心地も心地よい、織り地ならではの良さが楽しめるタイを目指しました。

素材や生地、仕立ての特徴は?

バスケット組織はそのマス目が大きいほど、引っかかり、糸抜け、毛羽立ちなどのリスクが増えます。それでも可能な限り大きなマス目でザックリと仕上げたかったため、糸種の選定と組み合わせに相当苦労しました。またカラーはブラックソリッドですが、奥深い表情となるよう異なる糸種を組み合わせているのもポイント。打ち込みが十分なされたしっかりした生地でありながら、ふっくらと柔らかな風合いで、視覚的にも触覚的にも凹凸感が感じられるよう製織工程にも徹底的にこだわりました。

製作過程で苦労したことは?

Q2の答えと重複しますが、バスケット組織ならではのトラブルを避けるため、糸種の選定と組み合わせには相当悩みましたね。マス目のサイズ感、経糸と緯糸とのバランスなども試行錯誤の連続でした。

出来映えについての感想は?

意図通りの仕上がりになりました。最終的にはネクタイの定番素材のシルクではなく、ポリエステルとコットンの組み合わせになりましたが、異なる糸種だからこその奥深い黒の表情と、ザックリとした感触を楽しめる良いタイができたと満足しています。懸念していたトラブルも抑えられているので、多くのネクタイと同様に、最小限の気遣い程度で扱えます。また自分で試着していて気付いたことですが、ある程度使い込んだ方が独特のクッタリ感が出て締め心地が向上し、Vゾーンでの馴染みも増すようになると感じました。これはデニムやオクスフォードシャツを着込んで得られるこなれ感に一脈通じるもの。結果的に使い込むほど味わいと愛着が増すネクタイができたのではないかと思います。

どんなスタイルに合わせてもらいたいですか?

気張らないシンプルなモノトーンのスーツスタイル。あるいは軽快な仕立てのジャケットにデニムを合わせるようなスタイルにも好相性です。たとえば出張に持っていけば、日中の商談から夜の会食までこれ一本でこなすでしょう。是非多くの人に試していただきたいですね。

Related Products