アラ商事

Sign up

0 ¥0

ネクタイの歴史

現在私たちが何気なく使っているネクタイですが、その背景には様々な歴史があります。ネクタイの歴史を知ることで、より一層ネクタイを身近に感じてみて下さい。

世界のネクタイの歴史

【2世紀初頭】恋人たちの”お守り”

ローマ兵士たちが防寒のために首に巻いたウールの布--これがネクタイのルーツといわれています。”フォーカル”と呼ばれたこの布は妻や恋人たちが戦地へ向かう兵士たちの無事を祈って贈った大切な”お守り”でもあったようです。

【17世紀後半】ルイ14世による大流行

襟元の装飾品としてネクタイの原形ともいえる”クラバット”が、当時のフランス国王ルイ14世によって大流行。きっかけは、王に仕えるべく駆けつけたオーストリアのクロアチア兵たちが揃って首に巻いていた布。闘志をアピールし、しかもスマートなこの衿飾りに注目した王は、さっそく宮廷ファッションに取り入れ、いつしか一般市民へと普及していきました。

【19世紀】フランスからイギリスへ

ファッションの主流はフランスからイギリスへと移行。ロンドンファッションの軽快さに合わせて、クラバットの結び方もシンプルになりました。”ネクタイ”という言葉が使われだしたのもこの頃からです。

【1850年代】蝶ネクタイの登場

クラバットの結び目だけを独立させた”蝶ネクタイ”が登場。

【1870年代】アスコット・タイの出現

アスコット競馬場に集まる紳士たちが新しいネック・ウェアとして取り入れたという”アスコット・タイ”が出現しました。

【1890年代】現代のネクタイの誕生

いわゆる現代のネクタイ、”フォア・イン・ハンド・タイ”が登場。フォア・イン・ハンドとは”四頭立て”という意味で、馬車の御者が手綱さばきに便利なよう考え出した結び方といわれますが、それ以前に、イギリスの紳士オスカー・ワイルドが創案したという説もあります。いずれにしても、フォア・イン・ハンド・タイは、そのシンプルさと結びやすさでネック・ウェアーの主流となり、100年たった今に受け継がれています。

日本のネクタイの歴史

【18世紀の中頃】ジョン万次郎、ネクタイと帰国

ジョン万次郎の帰国とともに日本に渡来したと言われています。

【明治17年】国産ネクタイ第一号

帽子商小山梅吉の手による蝶ネクタイが国産第一号。

【大正末期】一般市民のアイテムへ

洋服の普及に伴い、ネクタイも一般市民へと浸透、その後流行に合わせ形や色彩に変化を見せながらも、メンズファッションに欠かせないアイテムとして、ますます注目を集めています。